fc2ブログ

プロフィール

KIM

Author:KIM
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2022/09/30 (Fri) 01:17
HGWMガンダムルブリス

店頭で初めて目にしました。
1_2022093000172817e.jpg
HGガンダムルブリスです。
2_20220930001729809.jpg3_2022093000173085d.jpg
色分けはシールでフォローされていますが、
足りない部分もあります。

その足りない部分をできる限り対応していきます。
4_202209300017328f1.jpg
5_20220930001733f0b.jpg
6_2022093000181604e.jpg
は、GX205:GX211=1:1で塗装しています。
あと、脛部後面をフレームカラーで塗装します。

7_2022093000181810b.jpg
足首アーマーの軸受部はフレームカラーで塗り分けました。
膝ノズルカバーは塗装で仕上げました。

8_2022093000181967c.jpg
頭部もできる限りの塗り分けを施しました。

9_20220930001821603.jpg
10_202209300018220eb.jpg
装備品はバックパックに収納できます。






2022/08/29 (Mon) 09:57
HGUC復活のシャア②

1_20220829091728f3e.jpg
背景がやっと届きました。
2_20220829091729b0a.jpg
背景シリーズは数種ありますが・・・・・、
今のところ購入予定はこれだけです。






2022/07/07 (Thu) 00:16
1/144HGヘビーメタル(RE)④

そして遂にコレが出ました。
36_20220706232323045.jpg
まさかまさかの、Mk-Ⅱです。
37_20220706232325afb.jpg
38_2022070623232731b.jpg
発売の告知が届いたときはひっくり返りました。
39_20220706233626500.jpg
部分は丸い関節軸カバーがフレーム側に一体成型されて
いるので、本体グレーで塗装する必要があります。
あと、プローラーのインテークも塗装が必要です。
バスター砲のケーブルはMk-Ⅰに倣い0.4mmリード線です。
40_20220706233627c63.jpg
見てください、この本体フレームのカッコ良さ・・・・・
R3を軽く超えちゃってます。正に決定版と呼べるものです。
41_20220706233628299.jpg
フレームカラーによる隙間つぶしを徹底的に行いました。
42_20220706233630c49.jpg


首周りのパイプは前後一体のオレンジ成型ですので、
細い方をあずき色で塗装します。
43_20220706233631287.jpg
R3版もそうでしたが、太い方のパイプの位置が
設定とは異なります。
細いパイプの固定に支障が及ばないように後方のパイプを
切除して正しい位置にオレンジのメッシュパイプを入れました。
45_20220707000936890.jpg
Mk-Ⅱの頭部はこうでないといけません。

バスター砲の形状にもちょっと問題があります。
44_20220707000934527.jpg
腕部ハードポイントへの取付軸を削って均し、
46_202207070009377b2.jpg
レバーハンドルを引き込む前の形状に修正しました。
47_20220707000939f23.jpg
これでより自然な立ち姿になりました。
48_20220707000940b14.jpg
HGでMk-Ⅰ,Mk-Ⅱが並ぶなんて・・・・
49_20220707001106195.jpg
ひとつの夢が叶った瞬間です。

このキットには、スヴェート上空でカルバリーテンプルに
破壊された頭部が用意されています。
50_2022070700110773e.jpg
せっかくなので引きちぎられた左腕基部を追加してみました。
51_202207070011087c8.jpg
ラストシーンの再現も可能になります。
53_20220707001110424.jpg
このシーンのMk-Ⅱは全身傷だらけでボロボロのはずですが、
雰囲気は味わえます。
54_202207070011114dc.jpg
こちらの頭部も太いパイプの位置を修正しました。
55_202207071038339e9.jpg
コチラのシーンなら、
機体に大きなダメージ表現は必要ありません。
56_20220707103834658.jpg
このときは、セイバーはまだ持っていなかったと思います。
57_20220707103835125.jpg





2022/07/06 (Wed) 00:58
1/144HGヘビーメタル(RE)③

まだまだ続きます。
25_20220705234505ae4.jpg
本放送当時を知る者としては、
オリジナルオージェのほうがピンときます。
26_2022070523450703f.jpg
27_20220705234509dec.jpg
この度のリニューアルで一番良くなったのはコレだと思います。
28_2022070523451123e.jpg
額のクリアパーツ化の効果は絶大ですが、
リニューアルされなかった箇所もあります。
29_20220705234512b65.jpg
膝関節上部後面ブロックとヒール中央部は金でなければ
なりませんが、シルバーとフレームカラーになっている点と、
サイドアーマー中央は金ではなくシルバーが正解です。

上記の点を修正したものがコチラです。
33_20220705234623344.jpg
34_20220705234625b18.jpg
下半身に集中している配色エラーを修正するだけで
完成度がグッと上がります。
脛部前面のパイプをフレームカラーにすれば
更なる完成度向上が期待できます。


30_20220705234619b8f.jpg
目は水性スミ入れペンとマッキー極細での塗り分けです。
31_2022070523462176c.jpg
32_202207052346228ad.jpg
ラウンドバインダーレリーフ修正はひじょうにありがたいです。
35_20220706003246259.jpg
HGでA級ヘビーメタルコンプリートを見たいです。




2022/07/03 (Sun) 22:09
1/144HGヘビーメタル(RE)②

次はコレです。
14_20220703212736299.jpg

15_202207032127379d7.jpg
16_20220703212739ebd.jpg
股関節機構の見直しがかなり効いています。
17_2022070321274085a.jpg
A-⑨パーツは、GXメタルイエローで塗装しています。
18_202207032127421a7.jpg
膝関節のチューブは塗装する必要があります。
19_20220703213459307.jpg
20_202207032135002dd.jpg
アトールVマクトミンビルドも仕上げるために、HGアトールは
2個買いしました。
21_202207032135025f7.jpg
22_20220703213503518.jpg
ラウンドバインダー,サーカスバインダー,サブアーム,
ロングスピアーはフル塗装です。
23_20220703213505990.jpg
ロングスピアーを持たせる右手首はD-⑬を加工しました。
24_2022070321362512b.jpg





2022/07/01 (Fri) 00:52
1/144HGヘビーメタル(RE)①

2021年3月、1/144HGヘビーメタルシリーズが一部素材及び
設計変更されて再販されました。
1_202207010038449ae.jpg
まずはコレからです。
2_20220701003846fe8.jpg
3_20220701003848030.jpg
旧版とミックスしてのパワーランチャー3本装備仕様です。
4_20220701003849f12.jpg
頭部形状等が変更されてよりシャープな印象になりました。
5_20220701003850180.jpg
ランドブースターライトはネービーブルーとダークイエローで
しっかりと塗り分けます。

ここからは、ディティールアップ編です。
6_20220701003929285.jpg
ヘビーメタルは装甲の隙間から内部フレームが見えることが
多いです。このような箇所を徹底的に塗りつぶしていきます。
7_20220701003930f32.jpg
加えて腰部アーマー各部を開孔します。
パワーランチャーケーブルは0.4mmリード線に変更しました。
8_20220701003932336.jpg
脚部の隙間つぶしは必須です。
9_20220701003933a68.jpg
さらに手首基部、
10_20220701003935402.jpg
胸部内側までフレームカラーで塗装しました。
11_2022070100505026d.jpg

12_20220701005051e5f.jpg
13_202207010050536e2.jpg





2022/06/05 (Sun) 21:53
HGゲシュペンスト

DSCN0042.jpg
発売間もない商品を店頭で見かけたのは久しぶりです。
DSCN0043.jpgDSCN0044.jpg
まさか買えるとは思っていませんでした。
DSCN0045.jpg
色分けは部品分割でほぼ対応されていますが、
DSCN0046.jpg
ライフルのケーブルは塗装が必要です。
DSCN0047.jpg
肩の裏側は完成後も結構目に付くので
この辺りはしっかりと手を加えておきたいです。
DSCN0060.jpg
修正版がコチラです。
DSCN0061.jpg
フロントアーマーのスリット部にも差し色を施します。
DSCN0062.jpg
ほんのひと手間加えるだけで見栄えが上がります。
DSCN0063.jpg

DSCN0065.jpg






2022/05/02 (Mon) 21:46
Figure-riseStandard ULTRAMAN SUIT TARO

1_20220502195558e33.jpg
ULTRAMAN SUITの最新作です。
2_20220502195600272.jpg
赤はシャインレッド、シルバーには少々黒を加えてあります。
3_20220502195601aa0.jpg
シャインレッドはクリアシルバーと1:1混合したのですが、
クリアシルバーが思ったほど目立ちませんでした。
4_20220502195603838.jpg
胸部は光源が近いので明るさがハンパないです。
5_2022050219560436a.jpg
胸部LEDはもっと輝度を抑えたものの方が良いと思います。
6_2022050219570645c.jpg
このシリーズは手首の塗り分けがとても大変です。
7_2022050219570745c.jpg
額のグリーンは塗装しました。







2022/04/08 (Fri) 23:55
HGUCリゲルグ2

1_20220408204456dda.jpg
構想3年・・・・・塗装版完成です。
2_20220408204457f98.jpg
合わせて、小改修も施しました。
3_202204082044597e1.jpg
UC版リゲルグにグレー成型のビームライフルが入っていた
ので、助かりました。
4_20220408204500bf4.jpg
頭部アンテナは旧キットのものに交換しました。
モノアイは円形メタリックシールです。
5_2022040820450227c.jpg
手首をビルドハンズ角型Lに交換、
6_202204082045473f4.jpg
平手を加工してライフルを持たせています。
7_20220408204548bdc.jpg
本体レッドはGX202:GX215=1:1です。
8_202204082045509aa.jpg
HGUCでもこの2ショットができました。
9_202204082045515d1.jpg
テールノズルを設定どおりの5基にしたので
外側がはみ出しています。
10_20220408204552e54.jpg
全ノズル内壁、足裏の塗り分けはMGではやりませんでしたが
今回はキッチリとやり切りました。






2022/03/21 (Mon) 21:57
HGアルトアイゼン

やっと買えました。
1_20220321202534e28.jpg
店頭に並んでいるのを初めて目撃しました。
2_20220321202536193.jpg
組み立てるだけなら3~4時間程で完了します。
3_20220321202537a36.jpg
手持ち武器を持たない機体です。
4_20220321202539a71.jpg

5_20220321202540d8b.jpg
各ノズル内壁はキャラクターイエローで塗装しています。
脛部後面ダクトの底面はつや消し黒、
脛部ブロック底面をフレームカラー(タイヤブラック+赤褐色)
で塗装しました。
6_2022032120264974a.jpg
肩ブロック外側の角ノズルに関しては
完全スルーされているので注意が必要です。
7_2022032120265078f.jpg
パイルバンカーとシリンダー内の弾丸を
GXアイスシルバーで塗装しました。
8_202203212026522fc.jpg
9_20220321202653c98.jpg
腕部は袖周りをキッチリ塗り分けると完成度が上がります。





2022/03/13 (Sun) 01:41
HGUC百式(RE)3

BANDAIマークが青に変わりました。
1_20220310124320d2c.jpg
HGUC百式(RE)、三度目の作り直しです。
2_20220310124321206.jpg3_20220310124323a7c.jpg
2年前のリメイク時と同仕様ですが、
4_20220310124324874.jpg
今回はメタルイエローをエアブラシ塗装とした他、
5_202203101243264b6.jpg
バイザーの塗装はGXクリアルージュ、
頭部アンテナ交換(ファインモールドAC-77H)、
13_202203101317267dc.jpg
ライフルジャケット塗り分けを追加しました。
6_20220310124455027.jpg
7_20220310124456a31.jpg
8_2022031012445892e.jpg
GXクリアルージュが出ていなければ
9_2022031012445916c.jpg
今回のリメイクは無かったと思います。
10_2022031012450195d.jpg

11_2022031012471090e.jpg
発色の美しさは今回のものが一番です。
12_20220310124711503.jpg







2022/02/17 (Thu) 00:59
MGパワードジム

1_202202170032473cd.jpg
約6年弱、眠っていました。・・・・
2_20220217003248a5c.jpg
3_20220217003249382.jpg
HGUC版よりスタイリッシュな仕上がりになっています。
4_20220217003251367.jpg
フレームレス前腕部や可動指タイプの手首に時代を感じます。
5_20220217003252f25.jpg
脚部のラインはHGUC版より整っています。
6_2022021700555728c.jpg
シールド裏面はグレーで塗装しました。
7_202202170055580df.jpg
足裏も含め、ノズル内壁はMSレッドです。
8_2022021700560025d.jpg

9_20220217005601291.jpg
バイザー中央が白く見えるのはLEDリングライトの反射です。
10_202202170056022ad.jpg
後頭部とバズーカのセンサー用シールはメタリックシールの
余白を利用して自作しました。
11_20220217005623a0f.jpg
アンテナはグレーだと消失することがあるので、
12_20220218233952ed1.jpg
シルバーで塗りなおしました。
13_2022021823395397e.jpg
腰部の連邦マークは、
14_20220218233954fc8.jpg
GXブルーゴールドで塗装しました。
15_20220218233956d20.jpg
16_20220218233958f39.jpg







2022/02/11 (Fri) 00:20
1/72ブレイディハウンド&ストークキャリー

1_2022021023500804e.jpg
この機体・・・・・、
2_20220210235010e09.jpg
3_202202102350118f1.jpg
実物は写真以上にカッコいいです。
4_20220210235012955.jpg
直線的な頭頂部,肩部安定翼,短剣x2が量産機の特徴です。
3月には指揮官機も発売されるようです。
5_202202102350145e3.jpg
ブレイディハウンドは購入予定外だったのですが、
6_202202102351055c7.jpg
ストークキャリーのデキの良さに釣られました。
7_2022021023510680c.jpg
8_202202102351084c5.jpg
インテーク内部をファントムグレーで塗装しました。
9_20220210235109bd9.jpg
着陸脚とホイールをシルバー、着陸脚カバーは本体色に
近い色を塗っています。
10_20220210235111d03.jpg






| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE