fc2ブログ

プロフィール

KIM

Author:KIM
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2023/01/26 (Thu) 00:59
HGバイファム

1_20230125225350391.jpg
2次募集の商品が届きました。
2_20230125225351e3f.jpg
3_20230125225353ab4.jpg
このクオリティで他の3機も宜しくお願いします。
4_20230125225355eb6.jpg
股関節軸周辺をフレーム色にすると見栄えが上がります。
5_20230125225356a34.jpg
6_20230125225453956.jpg
SP展開状態でも安定しています。
7_20230125225454cc6.jpg

宇宙空間仕様も再現可能です。
8_20230125225456c73.jpg
9_20230125225457406.jpg

10_20230125225458668.jpg
頭部後方のセンサーは塗装した方が良いです。
11_202301252304335eb.jpg
前腕ブロックの手首基部と肘の接続部は
フレーム色にしておきましょう。
12_2023012523043495e.jpg
コクピットポッドは、
13_20230125230435ece.jpg
14_202301252304373f1.jpg
センサー部,サイドノズル,ビーム砲身,本体の赤い部分、
上記の4か所を塗装します。
15_202301252304382b0.jpg
ビームガンも部分的に塗装が必要です。






2023/01/13 (Fri) 22:08
MODEROID ザブングル

遂に決定版と呼べるザブングルが出ました。
1_20230113222426d2f.jpg2_20230113222427a47.jpg
HASEGAWAから1/72が出るようですが、コチラの方が
劇中のイメージにより近いように感じます。
スケールも1/100なので、
R3ウォーカーギャリアと並べることができるのも魅力です。
3_2023011322242942f.jpg
4_202301132224305b3.jpg
合体変形機構フル再現仕様ですが、
複雑な組み立てはありません。
5_20230113222432968.jpg
6_202301132226125ee.jpg
8_20230113222615e17.jpg

9_20230113222616905.jpg
10_20230113222618dde.jpg
両翼を破壊された主人公機の再現も可能です。
11_2023011322392325d.jpg
全武装が付属する上、
12_20230113223924b6f.jpg
13_2023011322392693c.jpg
それらを装備しての安定感をも実現しています。
14_20230113223927db0.jpg
1機作り終わって慌ててもう1機追加購入しました。
15_20230113223929ee4.jpg



本体の塗装箇所は、
16_20230113224009b5d.jpg
頭頂部センサー:GXメタルイエロー
白いライン:MSホワイト
17_20230113224011361.jpg
部分:シルバー
18_20230113224012bde.jpg
膝スリット奥はフレーム色でこのように塗りつぶしておきます。
19_20230113224014f7f.jpg
膝下~足首にかけての装甲は
ティターンズブルーで全面塗装です。
爪先正面はMSホワイトとティターンズブルーで塗装します。
20_20230113224015c0f.jpg
脛部後面の部分をフレーム色で塗装します。
21_20230113224427ced.jpg
足裏ノズルもフレーム色で塗装します。





2022/12/31 (Sat) 00:27
HGWMガンダムファラクト

1_20221230211154832.jpg
第一印象は、バイアラン?・・・でした。
2_202212312113576bd.jpg
3_20221231211359604.jpg
・・・が、完成してみると当然のことですが全くの別モノでした。
4_202212312114000d7.jpg
細身のデザインですが力強さを感じます。

細部です。
5_202212302112009e2.jpg
アンテナ先端のフラッグは整形してシャープにします。
下に伸びるアンテナ先端はMSホワイトで塗装します。
目と額内部はGXメタルレッドで塗装、
額部用のシールを使うと塗装した部分を隠してしまうので
No.35明灰白色(三菱系)で塗装しました。
6_202212302113211c1.jpg
胸部の黄色いパーツの裏側をNo.35で塗装します。
7_20221231211402d47.jpg
肘,膝関節の塗装は旧ガンダムカラーブルー4を使いました。
8_202212302113244a5.jpg

9_20221230211326839.jpg
足首アーマー接続部もNo.35で塗装しています。




2022/12/17 (Sat) 21:39
MODEROID 真ゲッター1

1_20221217205126fa9.jpg2_20221217205128d1c.jpg
やっと入手できました。
3_20221217205129418.jpg
4_2022121720513184a.jpg
HG INFINITISMのような印象です。
クリアパーツのゲッターウィングは初めて見ました。
5_202212172051322cf.jpg
胸部と肘はGXラフゴールドで塗装しました。
目はGXメタルイエローです。
脚部上面の股関節ブロック周囲をフレームカラーにすると
引き締まります。フレームカラーはガンダムカラーの
MSグレー連邦系を使いました。
首の赤いラインも忘れずに入れましょう。
6_20221217210853500.jpg
耳と前腕部の突起はシルバーで塗装しています。
脛部上下,前腕部,手甲部のグリーンは
GXメタルグリーン:GXメタルブルー=1:1です。
7_202212172108541be.jpg
8_202212172108552d9.jpg
指を少し曲げたこの開き手パーツは、部分を
削って整形する必要があります。
9_20221217210857b67.jpg
肩と膝アーマーは、あずき色で塗装しました。
10_2022121721085859d.jpg
腹部と腰部以外はスミ入れをしていません。
11_2022121721124664d.jpg

12_2022121721124796d.jpg





2022/12/09 (Fri) 22:21
WAVE テッカマンエビル

1_202212092007231b0.jpg
ブレード発売時にこの展開は誰もが想像していた事でしょう。
2_20221209200724412.jpg
エビルが出たら買うつもりでしたので、即買いです。
3_20221209200726617.jpg
各部の形状等は申し分ありませんが・・・・・、
4_20221209200727e07.jpg
各パーツの固定ピンのキツさが素材強度を超えています。
特に大腿部のロール軸は硬過ぎて、無理に動かすと
ロール軸ごともぎ取れてしまいます。
5_2022120920072994d.jpg
この完成品、実は右脚部ロール軸を骨折しています。
6_20221209200755ee3.jpg
股関節軸もかなり怪しいので、
調整をしつつ組み立てることをお勧めします。








2022/12/06 (Tue) 22:08
Figure-riseStandard 孫悟空(NEW SPEC Ver.)

1_2022120620475195b.jpg
旧Ver.は靴の塗り分けが必要でしたが、
2_20221206204753739.jpg
NEW SPEC Ver.ではその必要がありません。
3_20221206204755731.jpg
髪の毛にもディティールが加えられています。
4_2022120620475643c.jpg
口元と目の下のシワにはスミ入れを施した方が良いでしょう。
5_20221206204757d9a.jpg
旧Ver.は、スーパーサイヤ人のボディを流用しているので
胸板が厚過ぎる感じがしますが、通常体として
再設計されています。


そして、今回もスーパーサイヤ人ゴッドVer.も用意しました。
6_2022120620483149a.jpg
髪と眉はGXメタルレッド:GXメタルブラッディレッド=1:1です。
7_20221206204833c49.jpg
たっぷりと時間をかけて5~6回重ね塗りをしています。
8_20221206204834f1e.jpg
目はGXメタルレッドです。
9_20221206204836d00.jpg
穏やかな表情のスーパーサイヤ人ゴッドを
10_20221206204837206.jpg
やっと入手できました。





2022/11/22 (Tue) 21:08
PLAMAX VF-1A/S

Max Factory のPLAMAXシリーズに
1_202211222023190ea.jpg
VF-1バルキリーが加わりました。
2_20221122202321df7.jpg
ホイールと機首脚カバーのライトをシルバーで塗装しました。
3_20221122202322423.jpg
主翼前と尾翼ブロックのモールドは塗装が必要です。
脚部と腕部に端にあるディティールも塗り分けが必要です。
4_202211222023249bd.jpg
主翼は可動しますが、連動式ではありません。
5_20221122202325864.jpg
キャノピーはガラスとフレームが分割されていますが、
センターフレームはシールを貼って再現します。
6_20221122202346e46.jpg
ミラーにはメタルックを貼りました。
7_20221122202347575.jpg
巧みな分割で非常に組み立てやすい仕様になっています。
8_202211222023497c2.jpg
今後のバリエーション展開にも期待が持てます。





2022/11/10 (Thu) 02:22
MG ガンダムF90[クリアカラー]

1_2022111001121811f.jpg
売り場に少ししか出ていなくて、危うく見逃すところでした。
2_20221110011219c36.jpg
3_2022111001122116f.jpg
旧1/100より可動域や関節強度は格段に向上しています。
4_20221110011222bca.jpg
各部のバランスも見直されてよりスタイリッシュになりました。
5_20221110011223800.jpg
頭部センサー類は塗装で仕上げました。
GXメタルブルーの分離した上澄みを利用しました。
6_2022111001134116f.jpg
シールドのみ水転写デカールを貼りました。





2022/10/15 (Sat) 02:05
HGWMガンダムエアリアル

早速、組み立ててみました。
1_20221013002937bee.jpg
買ってすぐに作ることが最近では珍しくなってきています。
2_202210130029392f7.jpg
3_2022101300294034d.jpg
踵の塗分けはまず真っ先に行いました。
4_2022101300294269f.jpg
腹部と腰部の本来はフレームカラーであってほしい部分を
5_20221013002943397.jpg
しっかりと塗り分けました。
6_202210130030299ac.jpg
シールド状に組んだガンビットの上部パーツ群は
7_20221013003030888.jpg
塗装で仕上げました。
8_20221013003032b28.jpg
前腕部ハードポイントはフレームカラーの方が良いでしょう。
9_20221013003033804.jpg
10_202210130030359ac.jpg
ビットオンフォームです。
11_20221013095714656.jpg
脚部の差し色を追加することにしました。詳細は後程・・・
12_20221013095715da4.jpg
ガンビット中央ブロックも塗装し直しました。
13_20221013095717fa3.jpg
部分が追加で差し色を施した部分です。
14_20221013095718bd1.jpg

15_202210130957209cd.jpg

16_202210130958003b2.jpg

17_2022101501584097c.jpg

18_20221013095802d30.jpg

19_20221013095804545.jpg

20_20221013095805247.jpg






2022/09/30 (Fri) 01:17
HGWMガンダムルブリス

店頭で初めて目にしました。
1_2022093000172817e.jpg
HGガンダムルブリスです。
2_20220930001729809.jpg3_2022093000173085d.jpg
色分けはシールでフォローされていますが、
足りない部分もあります。

その足りない部分をできる限り対応していきます。
4_202209300017328f1.jpg
5_20220930001733f0b.jpg
6_2022093000181604e.jpg
は、GX205:GX211=1:1で塗装しています。
あと、脛部後面をフレームカラーで塗装します。

7_2022093000181810b.jpg
足首アーマーの軸受部はフレームカラーで塗り分けました。
膝ノズルカバーは塗装で仕上げました。

8_2022093000181967c.jpg
頭部もできる限りの塗り分けを施しました。

9_20220930001821603.jpg
10_202209300018220eb.jpg
装備品はバックパックに収納できます。



2022,10,02追記

RSCN9641.jpg
踵部を塗り忘れていましたので、早速修正です。

RSCN9642.jpg
大腿部後面のノズル基部が白成型なので
フレームカラーで塗装します。

フレームカラーは、HGUCガンダムMk-Ⅱ(RE)
エウーゴカラーのものを使っています。





2022/08/29 (Mon) 09:57
HGUC復活のシャア②

1_20220829091728f3e.jpg
背景がやっと届きました。
2_20220829091729b0a.jpg
背景シリーズは数種ありますが・・・・・、
今のところ購入予定はこれだけです。






2022/07/07 (Thu) 00:16
1/144HGヘビーメタル(RE)④

そして遂にコレが出ました。
36_20220706232323045.jpg
まさかまさかの、Mk-Ⅱです。
37_20220706232325afb.jpg
38_2022070623232731b.jpg
発売の告知が届いたときはひっくり返りました。
39_20220706233626500.jpg
部分は丸い関節軸カバーがフレーム側に一体成型されて
いるので、本体グレーで塗装する必要があります。
あと、プローラーのインテークも塗装が必要です。
バスター砲のケーブルはMk-Ⅰに倣い0.4mmリード線です。
40_20220706233627c63.jpg
見てください、この本体フレームのカッコ良さ・・・・・
R3を軽く超えちゃってます。正に決定版と呼べるものです。
41_20220706233628299.jpg
フレームカラーによる隙間つぶしを徹底的に行いました。
42_20220706233630c49.jpg


首周りのパイプは前後一体のオレンジ成型ですので、
細い方をあずき色で塗装します。
43_20220706233631287.jpg
R3版もそうでしたが、太い方のパイプの位置が
設定とは異なります。
細いパイプの固定に支障が及ばないように後方のパイプを
切除して正しい位置にオレンジのメッシュパイプを入れました。
45_20220707000936890.jpg
Mk-Ⅱの頭部はこうでないといけません。

バスター砲の形状にもちょっと問題があります。
44_20220707000934527.jpg
腕部ハードポイントへの取付軸を削って均し、
46_202207070009377b2.jpg
レバーハンドルを引き込む前の形状に修正しました。
47_20220707000939f23.jpg
これでより自然な立ち姿になりました。
48_20220707000940b14.jpg
HGでMk-Ⅰ,Mk-Ⅱが並ぶなんて・・・・
49_20220707001106195.jpg
ひとつの夢が叶った瞬間です。

このキットには、スヴェート上空でカルバリーテンプルに
破壊された頭部が用意されています。
50_2022070700110773e.jpg
せっかくなので引きちぎられた左腕基部を追加してみました。
51_202207070011087c8.jpg
ラストシーンの再現も可能になります。
53_20220707001110424.jpg
このシーンのMk-Ⅱは全身傷だらけでボロボロのはずですが、
雰囲気は味わえます。
54_202207070011114dc.jpg
こちらの頭部も太いパイプの位置を修正しました。
55_202207071038339e9.jpg
コチラのシーンなら、
機体に大きなダメージ表現は必要ありません。
56_20220707103834658.jpg
このときは、セイバーはまだ持っていなかったと思います。
57_20220707103835125.jpg





2022/07/06 (Wed) 00:58
1/144HGヘビーメタル(RE)③

まだまだ続きます。
25_20220705234505ae4.jpg
本放送当時を知る者としては、
オリジナルオージェのほうがピンときます。
26_2022070523450703f.jpg
27_20220705234509dec.jpg
この度のリニューアルで一番良くなったのはコレだと思います。
28_2022070523451123e.jpg
額のクリアパーツ化の効果は絶大ですが、
リニューアルされなかった箇所もあります。
29_20220705234512b65.jpg
膝関節上部後面ブロックとヒール中央部は金でなければ
なりませんが、シルバーとフレームカラーになっている点と、
サイドアーマー中央は金ではなくシルバーが正解です。

上記の点を修正したものがコチラです。
33_20220705234623344.jpg
34_20220705234625b18.jpg
下半身に集中している配色エラーを修正するだけで
完成度がグッと上がります。
脛部前面のパイプをフレームカラーにすれば
更なる完成度向上が期待できます。


30_20220705234619b8f.jpg
目は水性スミ入れペンとマッキー極細での塗り分けです。
31_2022070523462176c.jpg
32_202207052346228ad.jpg
ラウンドバインダーレリーフ修正はひじょうにありがたいです。
35_20220706003246259.jpg
HGでA級ヘビーメタルコンプリートを見たいです。




| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE