FC2ブログ

プロフィール

KIM

Author:KIM
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/04/18 (Sun) 04:16
HGAWガンダムX

HGガンダムX1
宇宙世紀(UC)以外のMSの144HG化が始まりました。
HGガンダムX2HGガンダムX3
第1弾はガンダムXです。
HGガンダムX4
ポリキャップは144HGダブルオーシリーズのものを使い、
全身の構造はHG G30thとほぼ同じ最新仕様です。

頭頂部前後のセンサー,背部リフレクター,マイクロウェーブ受信部のみ
シールを使い、他の部分はすべて塗装で仕上げています。
HGガンダムX5
ブレストバルカンはすべてグレーで塗り分けます。
頭部はアンテナ基部(部分)を白くすると見栄えが良くなります。
HGガンダムX6
サテライトキャノン本体はセンサーとその後部側面を
メタグリーンと黒で塗装します。
リフレクターは、
中央のノズル状の部分をグレーと水性マーカー黒で塗り分けます。
HGガンダムX7
ノズル状の部分はすべて油性マーカー黒で底面を塗りつぶします。
足首アーマーは一体成型でHGオーガンダムのように横から
セットします。そのジョイントアーム部をグレーで塗装します。
HGガンダムX8
腰後部と膝の計3箇所に▽モールドがありますが、シールはなぜか
2つしかありませんので、ココもすべて塗装で仕上げています。
膝の▽モールドは凸モールドになっているので、シールを使うなら
削ってしまう方が良いでしょう。
HGガンダムX9
大型ビームソードはグリップと後部をグレーで塗り分けます。
胸部上面の塗り分けに必要な微妙なブルーは、説明書には
ゴチャゴチャといろいろ書いてありますが、
要はティターンズカラーのMk-Ⅱ本体ブルーです。
HGガンダムX10
腰部はテールアーマーとフレームの一部が一体成型なので、
その部分をグレーで塗装します。
HGガンダムX11
なにもしないと合わせ目から後ろはすべて白となり、
上半身をつけるとその部分がかなり目立つ事になります。
HGガンダムX12
足裏は中央のノズル部をグレーで塗り分けます。
HGガンダムX13
気になるところと言えば、ホログラムシールの厚みくらいでしょうか・・・


<使用塗料>
メタグリーン,つや消し黒,レッド1,ブルー23,
グレーバイオレット+つや消し黒,油性スミ入れペン黒,
リアルタッチグレー1&3,シャープペンシル。
                              以上




スポンサーサイト

2013/10/11 (Fri) 01:23
HGAWガンダムXディバイダー

HGAWガンダムXDV1
発売から約3年・・・・・やっと作りました。
HGAWガンダムXDV2HGAWガンダムXDV3
攻守のバランスが向上した本機は初陣でフロスト兄弟を
蹴散らし、ガロードがダブルエックスに乗り換えてからは
コクピット恐怖症を克服したジャミル・ニートが搭乗しました。
HGAWガンダムXDV4

HGAWガンダムXDV5
可動式ノズルは塗り分けが必要です。
HGAWガンダムXDV6
MS本体は足首アーマーのスミ入れとビームソードのグリップ
以外はサテライトキャノン装備型と同じ仕上げです。
HGAWガンダムXDV7
ディバイダーの塗り分けは大変でした。
旧GCホワイト5,グレー24,ブルー14,レッド13と
油性スミ入れペン黒です。
レッド13は「ガンダムVer.2.0用セット」に入っていますが
今となっては入手困難です。ですがご安心ください、
Mr.カラーNo.114 RLM23レッドで代用可能です。
HGAWガンダムXDV8
左平手とバズーカも新たにセットされています。
HGAWガンダムXDV9
2014年1月には「MGガンダムX」が発売されます。来年は
機動新世紀からのMG化が本格始動となるのでしょうか。






2013/10/16 (Wed) 00:59
HGAWガンダムDX

HGAWガンダムDX1
HGAWガンダムダブルエックス、完成です。
HGAWガンダムDX2HGAWガンダムDX3
穴開きの握り手以外は付いていなかったので、先日完成した
ガンダムXディバイダーの左平手を拝借しました。
HGAWガンダムDX4
心待ちにしていた機体のひとつなので
塗装にも多少の気合が入っています。
HGAWガンダムDX5

HGAWガンダムDX6
足首上部パーツは足甲装甲部以外をすべて塗り分けます。
HGAWガンダムDX7

HGAWガンダムDX8
メインノズルは接着した方が良いです。
HGAWガンダムDX9
変形は差し替えなしの完全変形で、自立も可能です。
HGAWガンダムDX10
放熱フィンの塗装に使ったのは、
HGAWガンダムDX11
この瓶にGXラフゴールドを30まで注ぎ、GXラフシルバーを
40まで加えたものです。これを黄色成形のパーツに直接
塗って放熱フィンの発色としました。
HGAWガンダムDX12
<HGAWガンダムDX 塗装箇所>
頭部
 頭頂部センサー,アンテナ中央,ヘッドバルカン,各ダクト
胸部
 クリアパーツ内側のシールが足りない面,
 ブレストランチャー,ダクト内部
腰部
 フロントアーマーダクト,フロントノズル,テールアーマー表
 面と内側の一体成型されたフレーム
肩部
 前後面の小ノズル,関節部
腕部
 放熱フィン
脚部
 膝部周辺のダクト等,アンクルガードのノズルとダクト,
 足首フレーム,足甲部ノズル,踵上部,足裏ノズル
ビームライフル
 バレルジャケット上部,サイト部,グリップ周辺,
 後部丸モールド
サテライトキャノン
 マズル部,側面及び後部ダクト

<シール使用部>
 胸部クリアパーツ内部,サテライトキャノンサイト部,
 リフレクター

<使用塗料>
 旧GC=レッド1,イエロー1,ブルー14,グレー24
 GXラフシルバー,GXラフゴールド+GXラフシルバー
 つや消し黒,ガンダムマーカーメタグリーン,
 油性スミ入れペン黒,リアルタッチグレー3


完成後、このキットで唯一気になるところを加工しました。
HGAWガンダムDX13HGAWガンダムDX14
手首基部(部分)に市販パーツで袖口を追加しました。
HGAWガンダムDX15







| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。