FC2ブログ

プロフィール

KIM

Author:KIM
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/22 (Fri) 02:34
MG ネモ

エウーゴのヤラレメカ(量産機)

   MSA-003ネモ です。


MGネモ
頭部バルカン砲をグレーで塗装したのみでご覧のとおりです。

肩ノズル下の装甲がないので自作しましょう。
通常この手の作業には「プラ板」を使いますが

そうなると、付いて回るのが・・・

      塗 装

             ということになります。

しかし、ココだけのために塗料を揃えるのも何だか
勿体ない気もします。

塗装を回避するには、同じ色の部材を使えば良いのです。
プラモデルを作り終わって残るもの・・・

    ランナーのタグ

              を利用してノズル下の装甲を作りましょう。



大きい写真の記事はコチラです。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

2012/05/05 (Sat) 00:17
MGネモ(ユニコーンVer.)

MGネモ(UC版)1
MGネモ(UC版)2
受注限定版MGネモが完成しました。
MGネモ(UC版)3MGネモ(UC版)4
ユニコーンカラーVer.は、
MGネモ(UC版)5
HGUCのほうが劇中のイメージに近いようです。

MGネモ(UC版)6MGネモ(UC版)7
デザートカラーVer.は概ね良好です。
MGネモ(UC版)8

この2機は・・・・・
イベント会場で限定販売される既存の機体の色変えVer.のように
一部ランナーが色違いで複数セットされている贅沢な仕様に加え、
ジム・ライフルのためにMGジム改スタンダードカラー用の
Eランナーが丸ごと入っています。
しかし、MGネモの発売当時にこのような色変えで発売することは
想定し得ないので、設定を成型色でフォローしきれていません。
MGネモ(UC版)9
そのような部分に対応しつつの追加塗装で仕上げていきます。

<頭部>
MGネモ(UC版)10
バイザー内部にはGXラフシルバーを塗ってあります。
ユニコーンVer.の側面ダクトブロックはグレーなので
旧GCグレー24で塗装します。
バルカン砲口もグレー24となります。
MGネモ(UC版)11
バイザーはクリアブルー成型のものにクリアイエローを塗って
クリアグリーンにしました。

<肩~手首>
MGネモ(UC版)12
肩部前後のノズル内壁を旧GCオレンジ4で塗装します。
MGネモ(UC版)13
サイドアーマー基部はグレー24です。
腕部への塗装はありません。
MGネモ(UC版)14
手甲パーツ側の指と手首の基部をグレー24で塗装します。
左手のみ中指~小指を独立化しています。

MGネモ最大の問題点に手をつけます。
MGネモ(UC版)15
キットのままでは部分が成型の都合で欠けています。
グリプス戦役Ver.でも少しだけ触れていますが・・・・
MGネモ(UC版)16
同色のランナータグを利用します。
文字をきれいに整形して欠損部分に両面テープで仮止めをして
芯先を尖らせたシャープペンシルでアタリを付け、
前後に余裕を持たせて切り出します。
MGネモ(UC版)17
斜めのラインに合わせて溶剤系接着剤でしっかり固定し、
充分乾燥させてから整形します。まず真っ先にこの作業を
しておけば、充分な乾燥時間を確保できます。
MGネモ(UC版)18
サイドアーマーの可動の妨げにならないように斜めの部分
以外は塞がないことと、ノズルパーツとの干渉回避のため
カンナ刃形状に整形することがポイントとなります。

<脚部>
MGネモ(UC版)19
大腿部側面の部分をグレー24で塗装します。
MGネモ(UC版)20
シリンダーをNo.8シルバーで塗装します。
ココはABS成型ですのでエナメル系厳禁です。
MGネモ(UC版)21
膝関節と脚部メインノズルブロックに挟まれる部分は
UC版ネモではグレーなので、グレー24で塗装します。

各ノズル,コクピットハッチ,足裏が成型されている
Cランナーですが・・・・・・
UC版では、赤のままで良いのはコクピットハッチだけです。
足裏に至ってはこのランナーに入っていること自体が疑問です。
MGネモ(UC版)22
っと、文句を言っても状況は何も変わらないので
塗装作業を進めます。上の写真のように
切り取り前にできる塗装はすべて行っておきます。
塗装はオレンジ4とグレー24がメインとなります。
各部を見ていきましょう。
MGネモ(UC版)23
↑、脚部メインノズルは切り取り後に側面をグレー24で
塗装する必要があります。内側の縁は旧GCホワイト5です。
上の方に写っているメインノズル内部パーツは
内壁と裏面のみの塗装で大丈夫です。
MGネモ(UC版)25
↑、脚部サイドノズルの中央部は油性スミ入れペン黒で
塗りつぶします。
MGネモ(UC版)26
↑、足裏はグレー24で塗装します。
MGネモ(UC版)27
↑、ゲートのある面は切り取り後に塗装します。

<肩部サイドノズル>
MGネモ(UC版)24
この部分のポイントは、下面をグレーにすることです。

<バックパック,コクピットハッチ>
MGネモ(UC版)28
上の写真はメインノズルとコクピットハッチがあった部分です。
MGネモ(UC版)29
コクピットハッチはCランナーで唯一無塗装のパーツです。
MGネモ(UC版)30
メインノズル内部もランナーから切り取る前に塗装します。
ここも中央部はホワイト5になります。
MGネモ(UC版)31
UC版ネモではバックパックノズル外側をグレー24で塗装します。
まずゲートを避けて塗れる部分を塗装し、ゲート整形後に
残った部分を塗装します。

<腹部,腰部>
MGネモ(UC版)32
腹部は段差部分を、腰部はハードポイント底面を
それぞれグレー24で塗装します。

<ライフル,シールド>
MGネモ(UC版)33
サイト部はGXメタルイエロー、
シールドは、
MGネモ(UC版)34
部分、
MGネモ(UC版)35
部分、
MGネモ(UC版)36
黄色いパーツの裏側のピンをグレー24で塗装します。

塗装は以上で終わりです。
スミ入れはリアルタッチグレー2とシャープペンシルです。

MGネモ(UC版)37




| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。