FC2ブログ

プロフィール

KIM

Author:KIM
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/01 (Tue) 03:56
ストフリ完成への道

<第1回>

まず最低限、用意するものです。
DSCF1331s

薄刃ニッパー、アートナイフです。
アートナイフは柄を短くしてあります。(好みの問題)
さらに棒ヤスリ、耐水ペーパー等があると
作業の幅が広がります。


最後まで見たい方はコチラから。

スポンサーサイト

2007/05/02 (Wed) 14:40
ストフリ完成への道

<第2回>

説明書に沿って作業を進めます。

「ボディユニット」

ランナーからパーツを切り出します。

#1-1  ゲートに余裕がある場合です。
パーツ切り出し1

パーツにゲートを充分残して切り取ります。

#1-2  完成時に隠れる部分です。
パーツ切り出し2

ゲートを残さず切り取ります。

#1-3  PSパーツやゲートに余裕がない場合。
パーツ切り出し3

PSパーツは写真#1-1の方法だとゲートがヒビ割れを起こし
パーツがカケてしまうことがあります。
#1-3のパーツにはゲート自体にも、その周囲にも充分な余裕
があるので#1-1の方法も可能ですが、無理は禁物です。
また、ABSパーツでもニッパーの刃が入りにくい部分も
あります。そんな時は迷わずコレです。
切断するランナーはなるべく細い部分を選んでください。

#1-4  パーツに残ったゲート(ランナー)を切り取ります。
パーツ切り出し4

少しだけパーツにゲートを残しておきます。
ナイフでの成形をしない場合はゲートを残しません。


ゲート跡をナイフで整形します。

a;ゲートがパーティングラインを跨いでいる場合。
#2-1a
パーツ整形1

#2-2a
パーツ整形2

パーティングラインと平行に両側から少しずつ刃を
進めます。
パーティングラインを跨がない場合は“b”の方法を
実行します。

b;ゲートがパーツの端にある場合。
#2-1b
パーツ整形3

#2-2b
パーツ整形4

両側から少しずつ刃を進めます。
パーツの端に向かって刃を進めるとカケることが
あるので注意しましょう。

a,bともに刃の向きを変えていますが、#2-1の状態でパーツを
回転させるようにしましょう。

いずれにせよ、ケガには要注意です。


#2-3  整形が終わったパーツです。
パーツ切り出し5



写真を拡大できるページはコチラです。

FC2 Blog Ranking

2007/05/02 (Wed) 20:17
ストフリ完成への道

<第3回>

「ボディユニット」2

ゲート跡をナイフで整形すると稀にこの様になることがあります。
#1-1
パーツ整形5

整形跡が白く変色しています。

#1-2
パーツ整形6

変色部位を爪で擦ってみましょう。

#1-3
パーツ整形7

きれいに跡が消えました。


#2
整形終了

全てのパーツが揃いました。
この状態で必要な部分塗装、スミ入れを済ませます。
幸いこの「ボディユニット」には部分塗装が必要な部位は
ありませんので、スミ入れのみを行います。

スミ入れで大切な事は
1,塗料選び、2,場所によって色を変える、3,入れる順序
っとこんなところです。

今回は、成形色ベースなので
 1,PSパーツにはどんな塗料でも使えますが
   やはり“ガンダムカラー”が一番使い易いでしょう。
 
   ABSパーツには必ず水性塗料(マーカー)を使います。
   油性塗料を使うとパーツが破損する恐れがあります。
   特にエナメル系は厳禁です。

 2,判断基準は下地の色、目立たせたいところかどうかです。

 3,ふき取りが必要な部分を先に入れます。


そうして出来上がった「ボディユニット」です。

#3-1  正面
組み上がり1


#3-2  背面
組み上がり2


#3-3  側面
組み上がり3

サイドラインは黒ではっきりと入れてあります。


以下、他のユニットも同様の手順で進めていきます。


写真を拡大できるすべての記事はコチラから。

FC2 Blog Ranking

2007/05/03 (Thu) 16:03
ストフリ完成への道

<第4回>


「ヘッドユニット」


お決まりの“切り出し”“成形”と手順を踏むわけですが
ランナーから取らない方がスミ入れし易いこともあります。
ヘッドユニットの場合、‘目’‘マスク’がこれに当たります。
‘目’のパーツは、1,デュアルセンサー 2,両目 3,目の周りの順で
塗ります。
1と2は、ガンダムマーカー 3は、Mr.カラーです。
1,メタブルーです。2,ガンダムゴールド、よく乾かしてからCGイエローで
上塗り(上塗りは手早く)。3,両目の乾燥後、つや消しブラック。

#1-1  マスクのスリットにスミ入れ(黒)
フェイスパーツ スミ入れ1

#1-2  はみ出しを拭き取って仕上げます。
フェイスパーツ スミ入れ2


#2
ヘッドブロック全パーツ

頭部の必要パーツが揃いました。

#3  注目!
改造筆

私の場合、塗装はほぼ100%筆塗りです。その筆を見てください。
面相筆、平筆ともに毛量を調節してあります。バルカン砲と
後部センサーは、毛量調節済みの面相筆で塗っています。


#4-1
ヘッドブロック終了1

#4-2
ヘッドブロック終了2

#4-3
ヘッドブロック終了3

完成した頭部をボディユニットにセットします。
Appendix状態。


写真を拡大できるすべての記事はコチラから。

FC2 Blog Ranking

2007/05/05 (Sat) 00:46
ストフリ完成への道

<第5回>

「アームユニット」


#1-0  筆塗り用のガンダムマーカーです。
ガンダムマーカー(筆塗り用)

細かい部分の塗り分けにはコレがオススメ!
ストフリではこの2色をこうしておけば、かなり重宝します。
‘作り方’
まず空き瓶を用意します。(ちなみにコレは、エナメル
シンナーの瓶。ABSに悪影響が出ないように念入りに洗う。)
マーカーの芯のブロックを外し、中を丸ごと瓶に注ぐ。この
瓶の場合、新品2本分が適量。
※塗料をこぼさぬように!

#1-1  瓶マーカーで筆塗りです。
部分塗装(肩)

すぐ近くにあるので、ついでに踵も塗っちゃいました。

#1-2  スミ入れ用で塗った直後の状態。
部分塗装(ふき取り)1

この部分はグレーを使います。この後ふき取りですが
特別なものは使いません。
様子を見ながら“指”で擦れば・・・

#1-3  こんな感じです。
部分塗装(ふき取り)2

指が入らない部分のみ、プラスチック消しゴムを使います。

#2-1  両腕(肩含む)の全パーツです。
肩&腕全パーツ

無理やり全てを写したのでゴミのようです。

#2-2  組立完了です。
肩&腕完成

指を切り離して独立可動にするのは、オヤクソクでしょう。

#3-1
アームユニット終了1

#3-2
アームユニット終了2

#3-3
アームユニット終了3

更にAppendix状態です。
当初フレームにもスミ入れをする予定でしたが、なんだか
ウルサくなりそうだったのでやめました。


写真を拡大できるすべての記事はコチラから。

FC2 Blog Ranking

2007/05/06 (Sun) 14:02
ストフリ完成への道

<第6回>

「ボトムユニット」

っと、その前に
「ヘッドユニット」の補足です。

パーツの合わせ目を利用してサイドダクトにラインを入れます。
モールドが無いのでキットのままではうまく入りません。
ヘッドユニット補足1


ラインを入れる部分のみ、エッジを落とします。
ヘッドユニット補足2


作例では、両パーツともエッジを落としましたが
前側のパーツだけ落とせば良いでしょう。
ヘッドユニット補足3



では、改めまして
<第6回>

「ボトムユニット」

以下は塗装必須部分です。(ガンダムカラー レッド1)
膝ノズル内側。
レッグユニット塗装部

メインノズル内側。
バックパック塗装部

どちらも、ランナーから切り取る前に塗ります。

片側分のレッグユニット全パーツです。
レッグユニット全パーツ(片方分)

やはり、この状態で全てのスミ入れを済ませておきます。
太腿両サイド、脹脛上部、ビームサーベルのラインのみ“黒”
他はすべて“グレー”です。アンクルガードのノズルの様な
部分を“金色”にするのを忘れずに。
レールガンユニットはバレル部前後のみ“黒”です。

ボトムユニット終了1


ボトムユニット終了2

完成したボトムユニットです。
バックパックのメインノズル内部は、設定では“金”ではない
のですが、あえてこのままとします。


写真を拡大できるすべての記事はコチラから。

FC2 Blog Ranking

2007/05/07 (Mon) 03:53
ストフリ完成への道

<第7回>

「ウィングユニット&ビームライフル」

#1-1  ドラグーン部分塗装。
スーパードラグーン1

ランナーから切り取る前にガンダムゴールドを筆塗りします。
ここでも“瓶マーカー”が登場します。

#1-2  スミ入れ。
スーパードラグーン2

写真をクリックして良く見てください。凹モールドを中心に
行います。やり過ぎるとウルサくなるので注意が必要です。

#1-3  ウィングユニット終了。
ウィングユニット終了

このユニットは一番複雑な部分なので他のユニットのように
全てのパーツを切り離すのは避けたほうが良いでしょう。
切って組んでの繰り返しで、ドラグーンコンテナに黒で
スミ入れをしながら作業を進めていきます。


#2-1  ビームライフルジャケット塗装。
ビームライフル塗装部

塗装前、塗装後です。使用塗料は“ガンダムカラー ブルー12”です。
塗装後にグレーでスミ入れをします。

#2-2  ビームライフル全パーツ。
ビームライフル全パーツ

メインサイトは、ランナーから切り取る前に“ガンダムメタブルー”を
筆塗りします。

#2-3  ビームライフル終了。
ビームライフル終了

ライフル本体にも程よくスミ入れをします。ここは全て黒で
良いでしょう。


写真を拡大できるすべての記事はコチラから。

次回・・・

 最終回 です。

FC2 Blog Ranking

2007/05/09 (Wed) 00:30
ストフリ完成への道

<第8回>

ついに
    「完成」
           です。
が、その前に おさらい です。

1、加工ポイントです。
#1-1 アンテナとサイドダクト。
ヘッドユニット補足1

#1-2 指を独立可動に。
手首&ライフル2

ゲート処理以外のナイフ,ヤスリ本来の出番は以上で終了です。

2、次に、追加塗装ポイントです。
#2-1 ドラグーンユニット。
ドラグーンユニット

#2-2 踵。
踵

#2-3 アンクルガード(AG)。
アンクルガード

#2-4 肩の内側&ノズル。
肩部内側

#2-5 AGジョイント。
アンクルガードジョイント
(肩の内側とAGジョイントはお好みで。)

#2-6 目,頭頂部デュアルセンサー。
頭部正面

#2-7 後部センサー。
頭部背面

#2-8 バルカン砲。
頭部側面

#2-9 手甲側面,ライフル(ジャケット,メインサイト)。
手首&ライフル1

#2-10 膝ノズル内側。
膝ノズル

#2-11 ビームサーベル,バックパックメインノズル内側。
ボディ背面

#2-12 腹部ビーム砲口。
ボディ正面

#2-13 レールガン&ドラグーン砲口。
レールガン砲口

各部にスミ入れをして組み上げると、完成です。
どうぞ、ご覧ください。

#3-1 正面。
完成正面

#3-2 背面。
完成背面

#3-3 ウィング展開。
ウィング展開

#3-4 “フリーダム”との比較。
フリーダム&ストライクフリーダム

以上で
   「ストフリ完成への道」
                         を終わります。

ありがとうございました。


写真を拡大できるページはコチラです。

FC2 Blog Ranking

2007/05/13 (Sun) 12:46
MGストライクフリーダムガンダム

MGストライクフリーダムガンダムです。

詳細は
  ストフリ完成への道
                   をご覧ください。

MGストライクフリーダム1


MGストライクフリーダム2

組立に要した時間は、正味24時間程度です。


写真を拡大できるページはコチラです。

FC2 Blog Ranking

2007/05/17 (Thu) 16:15
MGフリーダムガンダム

MGフリーダムガンダムです。

「ストフリ完成への道」にもチラッと登場していますが
不慮の事故により翼が折れてしまったので作り直しました。

せっかくなので、完成度をストフリに合わせてみました。
MGフリーダム正面
翼の間に注目!フレームと同色にすると印象がとても良くなります。
MGフリーダム背面


アンテナをシャープに
MGフリーダムバストアップ
キットの元の状態に準じて先端を斜めにカットしました。
目には“メタルック”を貼り、調色したクリアイエローで塗装します。

メインノズルは内側を赤く
MGフリーダムメインノズル
三角マーク部分はモールドがないので素直にシールを
使います。


MGフリーダム脚部背面


プラズマキャノンは基部を青く
MGフリーダムプラズマキャノン
ここはアニメ設定っぽく


フリーダム&ストライクフリーダム2
やはり並べるなら完成度を統一させるべきでしょう。


この作り直しで、フリーダムが丸ごと一機余っています。

さて、どうしたものか?


追加写真です。
MGフリーダムディアクティブモード
ディアクティブモード

ハイマットフルバースト
ハイマットフルバースト

vs.セイバー戦
セイバーを切り刻んだの図


写真を拡大したい方はコチラです。

FC2 Blog Ranking

2007/05/21 (Mon) 00:56
2007静岡ホビーショー

2007・05.20
静岡ホビーショー

                   の

                     ガンプラ速報です。

各シリーズの新製品情報、気になるMG No.100等
順を追ってご報告いたします。


朝7:15頃に会場に着きました。
会場入口
すでに20m程、入場待ちの列が出来ていて
開場時には200mに達していたものと思われます。


まずは、次期MGから。
MS-06S No.1
26日発売予定の“シャア専用ザクver.2.0”です。
MS-06S No.2
同時発売のディスプレイベースもさりげなく登場。

続いて、“ゲルググver.2.0”。
MS-14S No.1
既発売のものに比べ、重量感が増しています。
7月などと言わず、早急に発売して頂きたいものです。
MS-14S No.2
モビルスーツ(MS)の出来もすばらしいですが、一番のポイントは
“同スケールのエレカ&ララア”が付く事です。


シャア専用2機
並べて見ると、ゲルググの大きさが目立ちます。
ゲルググの肩のスラスターは埋め込み式になりました。

次に、H.G.U.C.を見てみましょう。
6月HGUC
6月発売予定の“陸戦型ガンダム”です。BD-2同様、肩は上にも
回転可能で広範囲な可動域を持っています。

7月HGUC
7月には、BD-1が登場します。
セガ・サターンをひっぱり出してゲームを再度プレイした方
も居られる事でしょう。

そして、一年戦争本放送に登場したすべてのMSが揃います。
HGUCゾックNo.1
ついに、ゾックがH.G.U.C.化されます。
HGUCゾックNo.2
個人的に今回一番うれしい情報でした。


U.C.ハードグラフからも新情報です。
ハードグラフ新製品
連邦軍の61式戦車が企画中のようです。
EXモデルのマゼラアタックは1/144スケールですから
かなりの大きさになります。


いよいよ、MG No.100の発表です。




MG No.100

ターンA図面
開発画稿です。
ターンA作例1

ターンA作例2
上の2枚のモデルは雑誌作例です。
8月発売予定なのでテストショットはまだありませんでした。

正直、会場での反応はビミョーなものでしたが
この機体を選んだ理由などの続報を待ちたいと思います。


FC2 Blog Ranking

2007/05/24 (Thu) 01:59
役立つ話その1 “ 筆 ”

“簡単仕上げ”と言っても、部分塗装の必要な場合は
多かれ少なかれ出てきます。

“部分塗装”なので、細かい塗り分けの場合が多く
いちいち「エアブラシ」を使うのもちょっと面倒です。

 そこで

     その“ 筆 ”を 細部対応型 に改造しましょう。

使う道具はコレです。
使用工具
ナイフとウォータープライヤーです。
普通のプライヤーでも問題ありません。

改造前の筆を横から見ると
施工前
厚みがあり細部塗装に向いているとは言えません。

そこで、このように奥から潰していきます。
加工中
力を入れすぎると筆が壊れるので気をつけましょう。

潰し終わるとこんな感じです。
途中経過1
はじめの状態より毛先が広がっています。
途中経過2
この角度でも毛先にまとまりがありません。

ここで“ナイフ”の出番です。
そぎ落とし1
ご覧のように少しずつ両面から余分な毛をそぎ落とします。
そぎ落とし第一段階終了
両面そぎ落としが終わりました。
このくらいで抑えておくのには訳があります。
その訳は後程ご説明することにして、作業を進めます。

次に、横方向への広がりを調整します。
そぎ落とし2
当然両サイドから行います。

そぎ落とし完了
これで完成となります。

「ストフリ完成への道」でもご紹介した“改造筆”です。
10,改造筆
面相筆は全方位ダイエット(やせすぎ注意!)。


どのタイプの筆でも思いきり過ぎると撹拌棒になりますので

くれぐれもご注意ください。


<最後に、最初のそぎ落としを控えめにした訳をご説明します>

平筆はいきなりザックリそぎ落とすと、塗装中に毛先が割れる
悲劇が起こります。はじめは控えめにそぎ落とし、試し塗りを
しながら少しずつ毛量調節をすることを強くお勧めします。

FC2 Blog Ranking

2007/05/28 (Mon) 00:32
MS-06S ver.2.0

MGシャア専用ザクver.2.0を早速組み立ててみました。


このキット、そのまま組んでもかなりカッコいい
ザクが出来上がりますが、スミ入れや部分塗装等を
施してより良い完成品に仕上げましょう。

一番大変な塗装部分です。
MGシャアザクver.2.0 1
1/100シャアフィギュアですが、“専用機”ということなので
外すわけにはいきません。勿論、量産機では絶対やりません。


足です。 右;塗装前、左;塗装後
MGシャアザクver.2.0 2
完成後、おもいっきり後悔した部分です。
ココを塗っておいても、たとえポーズを付けても一切見えることが
ありません。

完成前面です。
MGシャアザクver.2.0 4
旧MGより“ザクらしい”ラインになっています。

バズーカも自然に構えることが出来ます。
MGシャアザクver.2.0 3
シャアザクといえばバズーカ装備でしょう。
「ふっ、いい作戦だ!」



大きい写真で見たい方はコチラです。

FC2 Blog Ranking

2007/05/31 (Thu) 03:53
MS-06J ver.2.0

ザクver.2.0 第2弾です。

2007年4月に発売された
 MS-06Jです。

シャアザクを作った直後なので、一気に切り出し
一気に整形、一気に組立。
「一気、一気、一気」の宴会組み(体には悪い)です。

まずはオヤクソクショット。
J型ザクver.2.0 1
素立ちだとマシンガンが少々大きく感じます。

旧MGとの比較です。
J型ザクver.2.0 2
ラインの違いがよく確認できます。
(06Fの持っているマシンガンは、キャンペーン品です。)

3機のザクに並んで頂きました。
J型ザクver.2.0 3
更なる高速モード組み(更に体に悪い)のため、06Fにはスミ入れを施していません。


J型ザクver.2.0 4
構えると、マシンガンが大きく見えなくなります。



大きい写真で見たい方はコチラです。

FC2 Blog Ranking

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。