FC2ブログ

プロフィール

KIM

Author:KIM
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2008/03/03 (Mon) 04:44
1/100ガンダムナドレ その1

1/100ヴァーチェが発売になりました。
予想通りアーマーは着脱式で、ナドレにもなります。

まずはその「ナドレ」を組み立てていきます。
1/100ナドレ1
機体各所のGNドライヴは例によって青竹色です。
1/100ナドレ2
の部分はグレーで塗装したところです。
1/100ナドレ3
股関節軸下,腰部前後とボディの腰部との接合部にも
グレーで塗装が必要な部分があります。
1/100ナドレ4

1/100ナドレ5
上の写真ののところのシールは継ぎ目をパーツ(J-9)で
隠せる位置から貼りましょう。

1/100ナドレ6
頭頂部とコードの塗装は蛍光レッド:蛍光ピンク=1:1です。

FC2 Blog Ranking

2008/03/04 (Tue) 04:57
1/100ガンダムナドレ その2

両腕が完成しました。

以下の4枚の写真の部分が塗装箇所です。
1/100ナドレ7
上の写真のの部分は溝を掘ってスミ入れしました。
1/100ナドレ8
腕の塗装は箱や説明書の完成写真と設定画とは
細かい部分が微妙に違いますので、よく見てお好きな方を
選びましょう。
1/100ナドレ9
上の写真の部分は黒で塗装します。
1/100ナドレ10


FC2 Blog Ranking

2008/03/05 (Wed) 04:39
1/100ガンダムナドレ その3

脚部です。

ここも例によってスミ入れ,塗装をしつつ組み立てて
いくわけですが・・・・下の写真のようにスミ入れや
塗装が必要な部分にはいろいろなパターンがあります。
1/100ナドレ11
1、のように細い溝状の部分 ; 水性スミ入れペン
2、のような面と面の接線 ; シャープペンシル
3、のような一段落ちた面 ; 塗装または油性スミ入れペン

上記のように塗装箇所の形状によって使い分けています。
(例外はありますが・・・)

膝周りの塗り分けです。
1/100ナドレ12
膝アーマーは脛側に固定されていて、独立可動はしません。
脛の側面はシールを貼りました。

足裏はこんな感じです。
1/100ナドレ13
土踏まずの部分をグレーにしておきます。
足甲の一部(足首関節寄り)もグレーで塗装します。

1/100ナドレ14
股関節ブロックもグレーで塗装します。
1/100ナドレ15



ナドレ完成です。

1/100ナドレ16

1/100ナドレ17
完成にあたって、肩アーマー裏側をグレーで塗りつぶしました。
1/100ナドレ18


FC2 Blog Ranking

2008/03/09 (Sun) 00:34
1/100ガンダムヴァーチェ その1

まだ、スミ入れが済んでいませんが
とりあえずココまで終わりました。

写真には写っていない部分も塗装は
終わっているので近いうちに完成します。
1/100ヴァーチェ1

1/100ヴァーチェ2
塗装には、グレー,イエロー,レッド,ブラック
ホワイト,青竹色の 6色を使います。
1/100ヴァーチェ3
フィールド発生装置はこの程度の状態のほうが
完成時に引き立ちます。
GNバズーカの黄色塗装部はしっかり塗っておきます。

1/100ヴァーチェ4
この部分はシールが用意されていますが
塗装で仕上げた方が良いでしょう。

1/100ヴァーチェ5
装甲の着脱は問題なく行えます。
ただ、頭頂部の色だけは変更できません。

FC2 Blog Ranking

2008/03/11 (Tue) 02:34
1/100ガンダムヴァーチェ その2

まず、ナドレの手持ち武器となる「GNキャノン」を組み立てます。

1/144HGと同じ(ポリキャップの形状のみ異なる)パーツ構成です。
1/100ナドレ19
大きなブロックですが、安定して保持できます。
1/100ナドレ20
フィールド発生装置はこんな感じです。
1/100ナドレ21
完成すると筆斑が良い味を出してくれます。

GNバズーカも1/144HGと同じパーツ構成です。
1/100ヴァーチェ6


切り出したアーマーパーツに細かい塗り分けとスミ入れをして
ナドレに着せていきます。
1/100ヴァーチェ7
GNバズーカの片手持ちはバズーカ自体の重さのため
かなり辛いモノがあります。説明書に片手でバズーカを
構えている写真がありますが、絶対無理です。
1/100ヴァーチェ8
フィールド発生装置展開!
1/100ヴァーチェ9

1/100ヴァーチェ10
ヴァーチェ形態では腰の回転ができません。
1/100ヴァーチェ11
GNキャノンは砲身の固定強度が甘く、軽い振動でズルズルと
伸びてしまいます。
1/100ヴァーチェ12

1/100ヴァーチェ13
両手で構えるポーズはしっかり決まります。
1/100プトレマイオスチーム
1/100でも4機のガンダムが揃いました。
トランザム形態は4機すべてに存在するのでしょうか?

FC2 Blog Ranking

2008/03/16 (Sun) 22:40
1/144HGガンダムアストレア

電撃HM2008年2月号に付属の改造パーツで
4月に1/100で発売されるガンダムアストレアを
ちょっと先取りです。(ただし1/144ですが・・・・)
144HGアストレア1

144HGアストレア2
青成型のエクシアの襟元を白で塗装します。
144HGアストレア3

144HGアストレア4
腰部後方の塗装は正しくないかも?
144HGアストレア5
本のみをイベントで売ってしまい、手元にアストレアの
資料がなにも無いまま作ったので細部の色分け確認は
1/100アストレアの発売待ち状態です。
144HGアストレア6

144HGアストレア7
アストレアが出るのなら、
144HGアストレア8

144HGアストレア9
アヴァランチエクシアも発売してほしいものです。

2008/03/19 (Wed) 02:58
組立式APF トランクスクリアver.改造

先月、ゲームセンター景品として登場した

組立式アクションポーズフィギュア
     スペシャルクリアver.

            ( 全 4 種 )
                             です。
APFクリアver.1
彩色済みで簡単に組み立てることができ、どれも
かなりの完成度です。

今回の “スペシャルクリアver.”は、APF1,2の中から
ブロリー,ゴジータ,トランクス,孫悟空(SS3)の4体が
クリア成型になっての登場です。

この中から、「トランクス」にLEDを仕込んで
発光改造を施しました。
APF クリアver.2
↑↓ この2枚の写真は改造前です。
APF クリアver.3
せっかくのクリア成型だから4体すべてにLEDを仕込み
たいところですが、比較的簡単にできるのはトランクスと
ゴジータのみです。


まず電池をセットします。
APF クリアver.4
上の写真の部分をカットして電池が入る場所を確保します。
次に、< >の部分を切り欠きます。(ココにLEDの端子が入ります)

続いて上半身をくりぬき、LEDの端子を通す道をつくります。
APF クリアver.5
首軸の後部を2/3程切り取って、首側から穴を開けていった
ほうが安全でしょう。
APF クリアver.6
点灯テストです。腰をひねってON,OFFを切り替えられるように
端子を調整します。(これがとても大変!)
APF クリアver.7
私はこの端子調整に2時間近くかかりました。



以下は奮闘努力の結果です。
APF クリアver.8


APF クリアver.9


APFクリアver.10

APF クリアver.11
怪しく光るトランクス・・・・ちょっといいかも?

FC2 Blog Ranking

2008/03/22 (Sat) 01:16
HGティエレン宇宙型

HGティエレンの第3弾です。

ガンダム鹵獲作戦の特殊装備がすべて揃っています。
ティエレン宇宙型1
それにしても、左平手は何故付いていないのでしょうか?
ティエレン宇宙型2

各部を見ていきましょう。
ティエレン宇宙型3
胸部のオレンジは、マラサイ用のオレンジ3で塗装しました。
ティエレン宇宙型4
長滑空砲は、タオツーと同じ仕上げです。
ティエレン宇宙型5
脚部のタンクは、ティターンズカラーのブルー23です。
色味が微妙に違いますが、まあ良いでしょう。
ティエレン宇宙型6
ジェル発射管の基部の塗装は、ブルー22です。
ティエレン宇宙型7
肩部ノズル基部は、Mr.カラーNo.37につや消し黒を少量加えると
ノズルの成型色が作れます。この色は他のキット(ガンプラ)の
グレー部分(フレーム等)にも使えるので、大変重宝します。
ティエレン宇宙型8
次のティエレンは何が出るのでしょうか?
高機動型が出ると嬉しいのですが・・・・

FC2 Blog Ranking

2008/03/28 (Fri) 03:35
HGUCνガンダム その1

今月の私的大本命
HGUC νガンダム です。

前評判どおりのスーパーキットになっています。

それでは、さっそく進めていきましょう。
頭部,ボディ,バックパックのパーツです。
HGUCνガンダム1
必要な塗装とスミ入れは済ませてあります。

各部を見ていきましょう。

まずは頭部から。
HGUCνガンダム2
上の写真が全パーツです。ヘルメットは一体成型です。
HGUCνガンダム3
フェイス部を下からはめ込むようになっています。

ボディは、胸部と腹部を別に組んでのアトはめ式です。
HGUCνガンダム4
首の周りはフレーム色のほうが良いかと思ったので
黒鉄色と焼鉄色を半々に混ぜて塗装しました。

バックパックの塗装部分はビームサーベル基部中央と
ファンネルターレットの溝のみです。
HGUCνガンダム5
ビームサーベルはココまで分割されています。
塗料はネービーブルーとガンダムカラーイエロー2を使いました。


HGUCνガンダム6
完成した頭部です。
HGUCνガンダム7

下の写真は腹部に入るポリキャップです。
HGUCνガンダム8
HGUCでココに球体ジョイントが採用されたのは
初めてではないでしょうか。

HGUCνガンダム9
バックパックの分割は見事の一言に尽きます。
HGUCνガンダム10
首周りの色合いも良好なようです。
HGUCνガンダム11


今回はココまでです。
HGUCνガンダム12
ちょっと首長に見えますが、肩が付くと印象は変わります。
HGUCνガンダム13
その証拠に横から見ると首長には見えませんよね!
HGUCνガンダム14

HGUCνガンダム15
各部センサーはメタグリーンで塗装しています。
HGUCνガンダム16
肩とシールド,バズーカ砲口以外はシールを使わずに
仕上げる予定です。

FC2 Blog Ranking

| ホーム |

 BLOG TOP