FC2ブログ

プロフィール

KIM

Author:KIM
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2010/05/03 (Mon) 05:32
MGウイングガンダム

MGウイング1
MGウイングガンダムが発売になりました。
さっそく組み立てていくわけですが、気になる部分を
チョコチョコ弄りつつ上半身から進めていきます。
MGウイング2
首の長さ、肩の大きさですが・・・・
私的にはさほど気にならなかったのでキットのままです。
手首は親指以外の指が一体成型になっていて、その部分を
丸ごと交換することで平手~握り手へと表情を変えます。

<ボディ>
MGウイング3MGウイング4
胸部レンズはシールだけでこうはなりません。クリアパーツに塗装が必要です。
まず、裏側の縁の部分のみにメタグリーンを塗ります。
その後、表面にクリアイエローグリーンを塗ります。

クリアイエローグリーンはクリアイエロー:クリアグリーン=2:1です。

レンズ下の小さいコクピットカバーパーツのパーティングラインは
やたらと目立つのでしっかり処理しておきましょう。

MGウイング5
上半身でいちばん気になったのが左右の肩軸が一直線なところです。
MGウイング7

MGウイング6
↑G-19パーツのの凸部を削って平らにすると
MGウイング8
肩軸を後方へも傾けることが可能になります。

<頭部>
MGウイング9MGウイング10
シールは付いていますが、塗装で仕上げています。
MGウイング11
塗装はバルカン砲口,頭頂部センサー(前後),目とその周囲,
MGウイング12
マスク(ココはリアルタッチマーカーとシャープペンシルでスミ入れ)。
MGウイング13
頭部に使った塗料はつや消し黒,ホワイト17,メタグリーンです。

<腕部>
MGウイング14
塗装が必要なのは以下の4枚の写真の部分です。
MGウイング15
固定ピンの上。
MGウイング16
上腕のノズル状部分。
MGウイング17
肩ノズル。
以上はフレーム色(黒鉄色:焼鉄色=1:1)です。
MGウイング18
肩の黄色いパーツはリアルタッチグレー3と
シャープペンシルで塗装しています。

これで上半身のポイント作業は終了です。

ここで肩軸を加工した効果を確認しておきましょう。
MGウイング19
上から見ると背面に沿って両肩の後部が直線になっています。
この僅かな後退角が大きな効果を生みます。

<シールド>
MGウイング20
クリアイエローグリーンを使う部分を先に片付けます。
MGウイング21MGウイング22
塗装が必要なのはクリアパーツのみです。あとはスミ入れをしつつ
組み立てるのみです。
MGウイング23
シールドを折り曲げるとビームサーベルがせり出してきます。

<脚部>
MGウイング24
足首です。甲部側面の黒い部分は塗装が必要です。
MGウイング25
赤線部分のパーティングラインはしっかり消しておきます。
MGウイング26
↑脚部はここまでが左右共通になります。
MGウイング27
大腿部装甲の部分のモールドは型ヌキの関係で浅くなって
いるので、彫り直します。

<腰部>
MGウイング28
↓塗装が必要な部分です。
MGウイング29
全アーマーの裏側のピンをフレーム色で塗装します。
MGウイング30
上の写真の部分が取付時に変色してしまったので、急遽
上のブロックのみ塗装しました。コバルトブルーにブルー(旧瓶)
を混ぜて本体ブルーを作りました。
今となっては旧瓶塗料はかなりの反則技です。
MGウイング31
このMGウイングガンダムのフロントアーマーの取り付け方は
従来のように中央ブロックへの取り付けではありません。
取付位置がのところになっています。

<バックパック>
MGウイング32
メインノズルは左右個別に前後スイング可能です。
MGウイング33
ウイングのノズル部をフレーム色で塗装します。
MGウイング34
あとはスミ入れをして組み立てるのみです。

<バスターライフル>
サイト部にシールを貼って素組みです。


<完成>
MGウイング35MGウイング36
肩軸の加工はオススメです。
MGウイング37
この日のために1ヶ月前から準備していたトールギスとの競演です。
MGウイング38
次はエアリーズ希望です。





| ホーム |

 BLOG TOP