FC2ブログ

プロフィール

KIM

Author:KIM
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2012/10/02 (Tue) 05:49
1/144武御雷Type-00F篁唯依機

1/144武御雷Type-00F1
再び武御雷です。
1/144武御雷Type-00F21/144武御雷Type-00F3
今回はKOTOBUKIYA最新キット、
1/144武御雷Type-00F篁唯依機です。
NONスケール版と同じ色で作り比べてみました。
1/144武御雷Type-00F4
部品数が減った分、塗装箇所は増えています。
まぁこれは予想の範囲内ですが、細かくなったからと言って
塗り難さはさほど感じませんでした。
1/144武御雷Type-00F5
1/144には右平手が付いていません。
1/144武御雷Type-00F6
NONスケール版では本体イエローでの塗装が必要な部分が
ありましたが、1/144版では本体イエローで成型されています。
足裏には肉抜き箇所があるので塗装はしていません。
1/144武御雷Type-00F7
足首と跳躍ユニットは1/144化で最も簡素化された部分です。

1/144武御雷Type-00F8
1/144版ではナイフギミックは省略されています。
跳躍ユニットの自由度がNONスケール版ほどでは
ありませんが、コレクションには適した大きさです。

1/144武御雷Type-00F9
NONスケール版初回生産特典のフライングベースは
1/144用にピッタリです。






2012/10/05 (Fri) 04:31
HGUCジム・スナイパーⅡ

HGUCジム・スナイパーⅡ1
HGUCジム・スナイパーⅡ、完成です。
HGUCジム・スナイパーⅡ2HGUCジム・スナイパーⅡ3
一年戦争につづき、
ポケ戦に登場した機体もコンプリートでしょうか?
HGUCジム・スナイパーⅡ4

HGUCジム・スナイパーⅡ5
狙撃用ライフルのストックはカーキグリーン+つや消し白、
サイトレンズにはメタグリーンを塗装します。
シールドのグレーはすべて塗装となります。

HGUCジム・スナイパーⅡWD隊1
ホワイト・ディンゴ隊仕様機も一緒に作りました。
HGUCジム・スナイパーⅡWD隊2HGUCジム・スナイパーⅡWD隊3
凸モールドのみのバルカン砲口は要加工ポイントです。
HGUCジム・スナイパーⅡWD隊4
WD仕様機はノズル内部の塗装は必要ありません。
HGUCジム・スナイパーⅡWD隊5
サイトレンズはメタライトレッドです。
HGUCジム・スナイパーⅡWD隊6
シールド上部にグレーで差し色を追加しています。
HGUCジム・スナイパーⅡWD隊7

HGUCジム・スナイパーⅡWD隊8
ホバートラックは・・・・・
気が向いたらもうちょっとしっかり塗装しようと思います。





2012/10/06 (Sat) 22:58
LBXミネルバ改

ミネルバ改1
LBXミネルバ改です。
ミネルバ改2ミネルバ改3
そろそろ本編にも登場しそうです。
ミネルバ改4
イカロス・ゼロの本体ブルーで前腕と一体になった武器の
一部を塗り分けます。後頭部,背中の点,腰回りの黄色も
イカロス・ゼロのイエローで塗装しました。
白は旧GCホワイト5を使いました。
ミネルバ改5
凸モールドになっているテールアーマーのラインの一部は
整形して彫り直しました。
ミネルバ改6

ミネルバ改7
ポージングは極めて困難です。
ミネルバ改8




2012/10/16 (Tue) 02:17
第52回全日本模型ホビーショー

01.jpg
久々の「ホビーショーレポート」です。
02.jpg03.jpg


<バンダイ>

まずは、11月発売予定のRG Zガンダムです。
04.jpg
ほぼ製品状態のものが展示されていました。
05.jpg

06.jpg
恒例のヘッドディスプレイベースもあるようです。
07.jpg
ガンダムエース1月号の付録になります。
08.jpg
HGUCバイアラン・カスタムは11月上旬の発売です。
09.jpg
ボリューム感満点です。
10.jpg
12月発売予定のガンダムデルタカイも、
11_20121015233658.jpg
かなりデキあがった状態で展示されていました。
12_20121015233704.jpg
遂に来ました。HGUCローゼン・ズールが12月発売予定です。
13_20121015233710.jpg
コチラはまだ原型状態でしたが、
14_20121015233717.jpg
インコム,サイコ・ジャマー等ギミック満載になるようです。
15_20121015233723.jpg
年末の目玉商品、MG νガンダムVer.Kaです。
16_20121015233730.jpg
17_20121015233736.jpg
LEDユニットを使った頭部発行ギミックも組み込まれています。
18_20121015233742.jpg
手首はかなり気合の入った構造になっていました。
19_20121015233749.jpg
指はMGサイズでPGと同様の可動を実現し、更に加えて
掌底部の可動と手首基部の左右スイング機構付きです。
20_20121015233755.jpg

2013年1月には、
21_20121016001250.jpg
トールギスⅠがEW版としてMG化されます。
22_20121016001303.jpg
嬉しくて暫くこの前から動けませんでした。
23_20121016001313.jpg
これで、MGリーオー,MGエアリーズもあるかもしれません。
24_20121016001325.jpg
25_20121016001334.jpg

12月発売のMGはνガンダムだけではありません。
26_20121016001343.jpg
チタニウムフィニッシュのバンシィも発売されます。
27_20121016001354.jpg
値段は驚きの¥12,600-です。

ヤマト2199から、もうすぐ発売の
28_20121016001402.jpg
29.jpg
連合宇宙艦隊セット1とメカコレ三段空母パープルVer.です。
メカコレ以外の各艦ともにパーツ分割で色分けされています。
30.jpg
ヤマト2199シリーズ第三弾です。
31.jpg
デストリア級,ケルカピア級の2艦セットで来年1月発売です。
クリピテラ級とガイデロール級(シュルツ艦)はまだのようです。
32.jpg
11月にカラーセットが発売されるようです。
33.jpg
ただいま受注受付中の限定版にも付いている
34.jpg
アクションベース3には宇宙艦隊セット1の各スタンドパーツの
取付も可能なので、艦隊展示にも対応できます。
35.jpg
上の写真が追加パーツ群です。
36.jpg
今回初出の1/1000三段空母(参考出品)もありました。
37.jpg
2199版コスモゼロの商品化も進行中です。
38.jpg
電撃ホビーマガジン付録のコスモファルコンのランナーも
展示されていました。

劇場版も好調なタイガー&バニーの新商品です。
39.jpg40.jpg
6インチサイズのFigure-rise6にて主役コンビの発売です。
41.jpg
12月にはダブルチェイサーも発売されます。
42.jpg
あっ、主役コンビは11月に発売されます。

43.jpg
劇場版ワンピース絡みの商品はサウザンドサニー号2種。
44.jpg
セブンイレブン限定のパールカラー版と、
45.jpg
劇場限定のクリアカラー版です。

映画絡みの商品はもうひとつあります。
46.jpg
LBXアキレスD9(12月発売)と、
47.jpg
LBXオーディーンMk-Ⅱ(発売日未定)、
48.jpg
ダックシャトル改&イナズマTMキャラバン(12月発売)です。
ダックシャトルはコンパチ仕様です。

放送は終了しましたが、HG AGEシリーズのリリースも続きます。
49.jpg50.jpg
クランシェカスタム(12月発売),AGE-3F(11月発売)、
51.jpg
FXバースト(2013年1月)、成型色は決定ではないそうです。
52.jpg53.jpg
フルグランザ,シャルドールローグは発売時期未定です。

LBXプラモデルに新ブランドが登場します。
54.jpg
HF(ハイパーファンクション)というシリーズ名で、
55.jpg
2013年1月にアキレス&AX-00が完全限定で発売されます。
56.jpg
57.jpg
コアスケルトンにアーマーフレームを装着する設定を
プラモデルで再現しています。
58.jpg
2013年3月にはアキレスが単体で発売されるようです。


59.jpg
システムウェポン004が12月発売です。
60.jpg
使い勝手の良さそうな内容となっています。
ビルダーズパーツHDからの新商品も展示されていました。
こちらは11月発売となります。

61.jpg
1/72VF-1の開発が始まったようです。
これは期待して待ちたいと思います。

ガンプラEXPOワールドツアージャパン2012の限定商品です。
62.jpg
会場発表アイテムは、
63.jpg
64.jpg
RGフリーダムエクストラフィニッシュVer.でした。

オンラインショップの展示規模は年々大きくなっています。
65.jpg
ジオン残党軍カラーのベースジャバーには
何故か尾翼がありませんでした。
66.jpg
67.jpg
RGストライクルージュにI.W.S.P.が付いて
68.jpg
11月に受注開始となります。
69.jpg
70.jpg
ホワイトディンゴ隊仕様のジム&量産型ガンキャノンが
企画中だそうです。
71.jpg
通常カラーのリゼルC型ディフェンサーbユニット装備型の
72.jpg
受注開始は10月25日からとなります。
73.jpg
会場初出アイテムにメルキア軍カラーの
スコープドッグがありました。
74.jpg
LBX特殊モードセットは会場で先行販売を行っていました。
75.jpg
コロコロ連動でのキャンペーンが始まります。



<ハセガワ>

今回はコレを見に行ったようなものです。
76.jpg
期待どおりの完成度で発売が待ち遠しいです。
77.jpg
78.jpg
同スケールの999号まで付いてきます。
79.jpg
80.jpg
81.jpg

82.jpg
83.jpg
11月はスーパーサンダーボルトも発売になります。
84.jpg
1/72VF-25の開発が決まったようです。



<GSIクレオス>

既にご存じの方もおられると思いますが、
85.jpg
またまた新色発売です。クリアカラーGXの登場です。
86.jpg
顔料系でこの透明度が出せ、今まで無かった色が豊富に
ラインナップされます。
クリアカラーはすべてGX化して頂きたいものです。




<アオシマ>


1/48エアウルフが再販されます。
87.jpg
この再販版はクリアボディ付きとなっています。




<WAVE>

ウェーブからは発売時期未定のレジンキットが数点ありました。
88.jpg
89.jpg
レイズナーMk-Ⅱ、
90.jpg
ザカール、
91.jpg
92.jpg
バイファム、
他にはガリアンも展示されていました。





2012/10/18 (Thu) 02:07
HGUC量産型ゲルググ

HGUC量産型ゲルググ1
HGUC量産型ゲルググです。
HGUC量産型ゲルググ2HGUC量産型ゲルググ3
確かに腹部が短いような気もしますが、この寸詰まり感も
ゲルググらしさの一部だと思います。
HGUC量産型ゲルググ4
HGUCゲルググではシールドとナギナタを背面に
同時に装備することができません。
HGUC量産型ゲルググ5
モノアイ本体のみのシールを使い、モノアイレールは
つや消し黒で塗装しています。
シールド裏面は旧GCグレー24です。
HGUC量産型ゲルググ6
シャア専用機のバリエーションキットですので
アンテナ付きの頭部パーツも入っています。
HGUC量産型ゲルググ7
ビームライフルのサイト部はGXメタルピンクで塗装しました。
HGUCゲルググキャノン1HGUCゲルググキャノン2
C型用パーツもセットされています。
HGUCゲルググキャノン3
HGUCにはC型指揮官機用の頭部パーツまで付いています。
HGUCゲルググキャノン4
C型指揮官機は確かMGには入っていなかったと思います。
HGUCゲルググキャノン5
これ一つで多数のバリエーションを作ることができます。


HGUC量産型ゲルググ8
また、最近発売されたシステムウェポン002の
ゲルググタイプビームライフルを組み替えて
試作タイプにすることもできるので、
HGUC量産型ゲルググ9HGUC量産型ゲルググ10
アナベル・ガトー専用機に仕上げました。
HGUC量産型ゲルググ11
まんまと罠にはまってみました。
HGUC量産型ゲルググ12
サイト部の塗装は通常型同様にGXメタルピンクです。
HGUC量産型ゲルググ13
青はキャラクターブルー、
コクピットハッチの塗装はHGギラーガに使った黄色です。
ついでに手首はビルダーズパーツに交換しました。
HGUC量産型ゲルググ14
ビルダーズパーツには3.0mmと3.5mmのジョイントパーツが
用意されていますが、古いキットにはジョイント部が4mmの
ものもあります。瞬着で太らせるには0.5mmは大きすぎるので
上の写真のように固定軸を直棒に加工して、
HGUC量産型ゲルググ15
市販パーツの4mmパイプを削り取った部分に接着して
HGUC量産型ゲルググ16
部のように整形します。
これで4mmにも取付可能になります。





2012/10/31 (Wed) 02:27
HGUCシャア専用ゲルググ

HGUCシャア専用ゲルググ1
ふたたびHGUCゲルググです。
HGUCシャア専用ゲルググ2HGUCシャア専用ゲルググ3
今回はご覧のとおりシャア専用機です。
塗装ポイントは量産型と同様(モノアイレールとシールド裏面)
ですが、シャア専用機ではコクピットハッチをピンクにする
必要があります。
HGUCシャア専用ゲルググ4


MSV MS-14B1
前回のMSVシリーズ再販時に買い逃したMS-14Bが
手に入ったので、

HGUC MS-14Bジョニー・ライデン少佐機を作ります。
MSVキットからは高機動型バックパックと頭部アンテナを
HGUCゲルググに移植します。
MSV MS-14B2
高機動型バックパックの固定法は、
MSV MS-14B3
HGUCの背面カバーパーツを上の写真のように加工します。
中央の穴を3mmに彫り直すのですが、カバーパーツの
固定ピンを壊さないように慎重に作業します。
MSV MS-14B4
カバーパーツとバックパックは密着するようにします。
※接着はしません。
MSV MS-14B5
次に頭部アンテナですが・・・・強引に接着固定しています。
設定画やボックスアートでは付いていないのですが、
HGUCシャア専用ゲルググにはアンテナ無しのパーツは
入っていないので、付けてしまいました。

バランスチェックです。
MSV MS-14B6MSV MS-14B7
問題無さそうです。
サーベルホルダーはゲルググキャノン用を流用しています。
MSV MS-14B8
アンテナの角度が絶妙です。
MSV MS-14B9
バックパックは干渉もなく固定位置もバッチリです。


MSV MS-14B10MSV MS-14B11
MS本体の塗装は旧GCレッド1とブルー22です。

本体の塗装は1時間もあれば終わりますが、
MSV MS-14B12
バックパックはそのままでは塗装しにくいので
下の写真のように中央ブロックを加工します。
こうすることで塗装と合わせ目消しの作業効率が
格段に向上します。
MSV MS-14B13
赤で塗装するメインブロックを接着する前に、
MSV MS-14B14
メインノズルの後付けができるように対策を講じておきます。
MSV MS-14B15
再接着時の強度確保のため5mm幅に切った1.2mm
プラバンでガイドレールを付けておきます。
MSV MS-14B16
各部の塗装が終わったら、
MSV MS-14B17
接着(カバーパーツは除く)して
MSV MS-14B18MSV MS-14B19
バックパックの完成です。


MSV MS-14B20MSV MS-14B21
HGUC MS-14Bジョニー・ライデン少佐機が完成しました。
MSV MS-14B22
設定画Ver.は近いうちにupする予定です。
MSV MS-14B23
ビームサーベルはあえて塗装していません。
MSV MS-14B24



2012/11/01追加

設定画Ver.です。
MSV MS-14B26MSV MS-14B27
マーキングは気が向いたらやります。
MSV MS-14B28





| ホーム |

 BLOG TOP