FC2ブログ

プロフィール

KIM

Author:KIM
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2007/05/24 (Thu) 01:59
役立つ話その1 “ 筆 ”

“簡単仕上げ”と言っても、部分塗装の必要な場合は
多かれ少なかれ出てきます。

“部分塗装”なので、細かい塗り分けの場合が多く
いちいち「エアブラシ」を使うのもちょっと面倒です。

 そこで

     その“ 筆 ”を 細部対応型 に改造しましょう。

使う道具はコレです。
使用工具
ナイフとウォータープライヤーです。
普通のプライヤーでも問題ありません。

改造前の筆を横から見ると
施工前
厚みがあり細部塗装に向いているとは言えません。

そこで、このように奥から潰していきます。
加工中
力を入れすぎると筆が壊れるので気をつけましょう。

潰し終わるとこんな感じです。
途中経過1
はじめの状態より毛先が広がっています。
途中経過2
この角度でも毛先にまとまりがありません。

ここで“ナイフ”の出番です。
そぎ落とし1
ご覧のように少しずつ両面から余分な毛をそぎ落とします。
そぎ落とし第一段階終了
両面そぎ落としが終わりました。
このくらいで抑えておくのには訳があります。
その訳は後程ご説明することにして、作業を進めます。

次に、横方向への広がりを調整します。
そぎ落とし2
当然両サイドから行います。

そぎ落とし完了
これで完成となります。

「ストフリ完成への道」でもご紹介した“改造筆”です。
10,改造筆
面相筆は全方位ダイエット(やせすぎ注意!)。


どのタイプの筆でも思いきり過ぎると撹拌棒になりますので

くれぐれもご注意ください。


<最後に、最初のそぎ落としを控えめにした訳をご説明します>

平筆はいきなりザックリそぎ落とすと、塗装中に毛先が割れる
悲劇が起こります。はじめは控えめにそぎ落とし、試し塗りを
しながら少しずつ毛量調節をすることを強くお勧めします。

FC2 Blog Ranking

<< MS-06S ver.2.0 | ホーム | 2007静岡ホビーショー >>

コメント

参考にさせて頂きました!
おかげさまでいい線が描けました。
ありがとうございます

Re: タイトルなし

> 参考にさせて頂きました!
> おかげさまでいい線が描けました。
> ありがとうございます
コメントありがとうございます、返信遅れて申し訳ありません。
お役にたてたようで良かったです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP