プロフィール

KIM

Author:KIM
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

まとめ

2015/12/12 (Sat) 01:24
KATO EH10

旧製品から格段に進歩しています。
1_20151212011851a8d.jpg
オレンジ色のヘッドライトを電球色に交換するため分解した際
パンタグラフを壊してしまったので補修パーツを探しましたが
絶滅状態だったので、
6_20151212011914fb6.jpg
スプリングを自作してみたのですが・・・・・
どうにも具合が思わしくありません。
5_20151212011857841.jpg
ロッドスプリングの固定部はひじょうに脆弱です。
壊れたままやむなく放置している方も少なくないと思います。

そんな方に朗報です。
2_20151212011852198.jpg
これは修理後のパンタグラフです。

使った部品はこれです。
3_20151212011854e96.jpg
EH10と同型のパンタグラフでスプリング機構が改善されて
いるのですが、集電シューがグレーのタイプです。
この「3020-7F」の集電シューをEH10の黒いものと交換
するとEH10用とすることができます。
たいへん具合が良いので両方ともこのタイプにしました。
4_20151212011855986.jpg
ちなみに集電シューは加工の必要なく交換できます。


ここからやっと本題です。
加工メニューは以下のとおりです。
①、ヘッドライトLED交換
②、ヘッドライト両側常点灯化
③、全軸集電化
8_20151213003242e02.jpg
中身です。
9_20151213003244081.jpg
10_2015121300324560f.jpg
11_20151213003247386.jpg
フライホイールが見える側にモーターがあります。動力は
シャフトを介してモーター非搭載車両に伝達されます。
製品仕様ではモーター側車両の台車のみで駆動用の
集電をしているのでポイント通過時等で集電不良が発生
することがあります。しかし、この構造だから非モーター側
車両のヘッドライトが常点灯になっているともいえます。
写真中の色線が結線図です。
赤と黄色は全軸集電用(動力系)、
水色と紫はヘッドライト常点灯用(照明系)です。
※モーター側ライトユニットはマスキングテープで車両からの
集電を遮断します。
これで全軸集電化と両側常点灯化が完成します。
7_20151213003241e41.jpg
LED発光部が収まる部分の内側をつや消し黒で塗装して
光漏れ対策としています。
12_20151213003333d7e.jpg
高輝度LED化でまさしく前照灯となります。
13_20151213003337c0e.jpg
貨車はゆっくり揃えていこうと思います。


2016/03/16 追記
この配線だとパワーパックによっては不具合が生じることが
判明しました。
どうしても不具合を抑えられないので、ライトユニットの
配線と片方のLEDを外しています。




<< KATO トワイライトエクスプレス | ホーム | HGUCガンダムMk-Ⅱエウーゴ仕様 その2 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP